赤ちゃんと女性

適切な体重管理

急激な増加に注意

食事

妊娠中から出産までの間、赤ちゃんがお腹の中でたくさんの栄養をもらって大きくなります。昔からよく、お母さんは赤ちゃんの分までたくさん食べなければいけないなどと言われてきました。しかし最近では、体重の増えすぎによるトラブルも増えています。そのため、必要以上に体重を増やさないことが大切です。妊娠中の初期は、体調の変化により、つわりが出てきます。つわりであまり食事が摂れないという人もいれば、食べづわりで何か食べてないと気持ち悪くなる人もいます。これは人によって様々です。吐きづわりの人は体重は若干減る傾向にありますが、食べづわりの人は体重が増える傾向にあります。カロリーが低い食事を意識して摂る工夫をし、なるべく体重増加を抑える必要があります。

病院による指導

妊娠中期の安定期になってくると、ほとんどの人はつわりが治まってきます。これまで吐きづわりで食べられなかった人は、食事が美味しく感じます。この時点で、これまでの反動でたくさん食べてしまう人が多くいます。野菜や肉のバランスが摂れた食事に心がけ、甘いものや脂っこいものは時々のご褒美程度に食べるのが良いです。妊娠中でも後期になってくると、赤ちゃんの体も大きくなっていきます。そのため、お母さんの体が重くなってきます。この時点で、体重が増えすぎている人は、妊娠中毒症にならないように気をつけます。妊婦健診では、助産師などから体重管理のアドバイスを聞くことができます。病院の指導を仰ぎながら、適正体重を保つことが大事です。今後は、このような体重指導は厳しめに行う病院は増えてくると予測されます。